システム構成例

連携の少ない例
システム構成例1
検査センターから送られてくる検体検査結果をデータで取り込むので手入力不要です。 取り込んだ結果から自動判定を行うため、先生方の所見作成の手間が省けます。 医事システムと接続して頭書き情報を共有できます。
連携の多い例
システム構成例2
iD-Heartは、外部システムや外部機器との連携機能を装備しています。 種々のシステムや機器と接続することで効率のよい運用が図れます。 もちろん、電子カルテとの接続で情報共有を行われているユーザ様も多くございます。
ターミナルサービスでの運用例
システム構成例3
院内の現有資産(既存PC)をご利用いただけます。 iD-Heartの機能は、通常構成と同様にご利用いただけます。 各施設のDBは別々となります。